結婚式の二人らしいドレスについて

ビル

結婚式のドレスや衣装は、好みのデザインや好きな色など希望を叶えられるものを選びます。
さらに家族の希望や二人らしさが表現出来るもの、結婚式のテーマに沿ったものを選ぶと印象に残る衣装を選ぶことが出来ます。
自分が着たいと思っていた憧れのドレスを基本にして、挙式のテーマカラーやゲストへのメッセージなどこだわりを入れると思い出にもなります。
憧れのドレスのイメージがあるのなら、希望のデザインを書き出してみるとスムーズに選ぶことが出来ます。
新郎新婦の趣味や好きなものをモチーフにしたアクセサリーや小物を取り入れると、簡単に二人らしさを演出することが出来ます。
さらに季節を感じることが出来るアイテムを取り入れると、季節感を簡単に出すことが出来ます。

二次会の準備に困ったら

大阪駅からすぐの結婚相談所はこちら
朝日プラザ梅田ビル内にある結婚相談所リーブは年齢や性別に関係なく、婚活に励むことができます。

子供写真
関西での撮影お任せください

フォトウェディング 大阪
観光名所で撮影いたします

結婚後初めての年賀状作り

ビル

「結婚式に出席してくれた人へお礼を伝えたい」「式後に、忙しくて報告のはがきが出せなかった」「ご無沙汰になっている人に、結婚の報告を兼ねて、年賀状を出そう」と思っている人も多いと思います。
そんな新婚の人たちに人気なのが、ウェディング写真を活かせるテンプレートや素材、添え書きの文例などが載っているものを利用することです。
手軽さを重視し、無料、会員登録なしで利用できるサイトを選んでつくる人も多いです。
手順として、まず年賀状の必要枚数を確認する事。
インクジェット用が売りきれるということもある場合があります。
次に、デザインを決めていきます。
その場合の注意点とし、祝詞がついたデザインを選ぶ際には、「謹む」「恭しく」という祝詞の入ったものであれば、目上の方にも使うことができます。
また、おめでとうという言葉が使いづらい相手には、祝詞が付いていないデザインを選び、「謹んで年始のご挨拶を申し上げます」等と、お祝いの言葉を省くということもできます。
また、少しスペースを設け一言添え書きができるようにすると、心のこもった印象に仕上がります。